BB-Lab.

プロ野球

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る

オリックスバッファローズのマスコットキャラクターはドラえもんと同じくロボット型マスコットだったと知っていましたか?

普段プロ野球を観ていてマスコットに目にいくことは少ないですよね。しかしファンならマスコットのプロフィールから仕事内容について知っておく必要があります。ただ、ファンに手を振るのが仕事ではありません、

ブルとベルという兄妹マスコットのことを皆さんはご存知でしょうか?モチーフの牛型ロボットは同じでも性格、特技は違います。

この記事ではそんなブルとベルの誕生と活動について私の考察を踏まえてご紹介していきます。

この記事を読んだ後には

・ブル、ベルの誕生秘話がわかる
・ブル、ベルの凄さがわかる
・マスコットの仕事の重大さと役割を知ることができる

また、あまり知られていないマスコットのブラックのところまで踏み込んで徹底解剖していきます。

マスコット紹介

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る
ブルとベル
出典:X

さっそく、オリックスバッファローズのマスコットキャラクターブルとベルの紹介をしていきます。オリックスバッファローズのマスコットはブルとベルの兄妹のみで活動しています。

ブルのプロフィール

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る
ブルが親指を立てている様子
出典:オリックス・バッファローズ

ブルのプロフィールは以下の通り

生年月日2011年1月8日
背番号111
性格やんちゃでパワフル

 ブルはオリックス・バッファローズ研究開発室によって作られた牛型ロボットのマスコットキャラクターです。デザインを手掛けたのは現在もイラストレーターとして活動している幸池重季さんです。

大人気アニメ「ドラえもん」の猫型ロボットのドラえもんとはまた一味違ったロボットですね。

名前のブルは強く勇敢な雄牛「ブル」と目の色の「ブルー」の二つの意味が込めらています。ファンをブルブルと身震いさせるような熱い戦いと勝利をという意味が込められています。

ブルの特徴

次にブルはどんな特徴を持ったマスコットキャラクターなのかご紹介します。

主な特徴は以下の通り

  • SNS活動が盛ん
  • 好奇心旺盛
  • ファンサービスは12球団で最も全力投球している

 ブルはアクロバットな動きでファンを楽しませるより、ファンの目をみて手を振ったりしてファンサービスを行っています。ファンの中では球場入りする際にお辞儀をすることでも知られています。

 また、球場だけではなく、SNS活動が盛んなのも特徴です。ブルとベルはインスタグラムとX(旧Twitter)でファンのスマホにも登場します。それもただSNSアカウントを作ったものとは違います!

 Xのフォロワーは3万人越えで1ツイートにつき1万いいねがついています。SNSをやられている方ならこの数字がどれだけすごいかわかるかと思います。Xはブルがメインで活動し、インスタグラムは妹のベルがメインで活動しています。

ブルとベルの公式Xはこちら

ベルのプロフィール

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る
両手を腰に当てているベル
出典:オリックス・バッファローズ

ベルの特徴は以下の通り

生年月日2011年1月8日
背番号222
性格やんちゃでパワフル

 ベルはブルと同じくはオリックス・バッファローズ研究開発室によって作られた牛型ロボットのマスコットキャラクターです。デザインを手掛けたのは現在もイラストレーターとして活動している幸池重季さんです。

大人気アニメ「ドラえもん」に登場する猫型ロボットのドラミちゃんとはまた一味違ったロボットですね。

名前のベルは英語の「Bell」とフランス語で美しさの意味を持つ「Belle」から取られています。勝利の鐘を鳴らす勝利の女神という意味が込めらています。

ベルの特徴

次にベルはどんな特徴を持ったマスコットキャラクターなのかご紹介します。

ベルの主な特徴は以下の通り

  • SNS活動が盛ん
  • 愛嬌たっぷり
  • ファンサービスは12球団で最も全力投球している

ベルはアクロバットな動きでファンを楽しませるより、ファンの目をみて手を振ったりしてファンサービスを行っています。ベルを見かけたら名前を読んであげると振り向いて手を振ってくれるくらいファンサービスに全力で応えています。

 また、球場だけではなく、SNS活動が盛んなのも特徴です。ブルとベルはインスタグラムとX(旧Twitter)でファンのスマホにも登場します。それもただSNSアカウントを作ったものとは違います!

 インスタグラムのフォロワーは3万人越えで1投稿につきおよそ5000件のいいねがついています。SNSをやられている方ならこの数字がどれだけすごいかわかるかと思います。Xはブルがメインで活動し、インスタグラムは妹のベルがメインで活動しています。

以下にベルの公式アカウントのリンクを貼っているので気になるかたはチェックしてみてください。

https://www.instagram.com/buffalobell_222?utm_source=ig_web_button_share_sheet&igsh=ZDNlZDc0MzIxNw==

オリックスのマスコットだけではなく、他球団のマスコットやマスコットの概要が知りたい方はマスコット紹介記事をご覧くだい。

ブルとベルが見られる場所

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る
スタンドに身を潜めるブルとベル
出典:オリックス・バッファローズ

ライオンズファンやこの話を聞いて一度はブルとベルをみたい!名前を読んで手を振ってもらいたいと思うかたは少なくないはずです。今回は特別にどこでブルとベルを見られるかお教えします。

結論、以下の場所でブルとベルを見ることができます。

  • バッファローズの試合が開催される球場
  • 京セラドーム
  • その他イベント会場

ブルとベルは他球団主催のビジターの試合にも兄妹揃って帯同して応援に駆けつけます。しかし、オフシーズンになると見る機会がかなり減ってしまいます。会えなくてファンに寂しい気持ちにさせないようオフシーズンでも欠かさずSNSで投稿したり活動を行っています

 オリックスバッファローズの公式HPでブルとベルが登場するイベント開催の情報を発信しています。イベントは誰でもいけるわけではなくチケット購入や事前に準備が必要となっています。オリックスファンで京セラドームに観戦に行く際はマスコットのイベントもチェックしてみてください!

マスコット活動のウラ側

最後に野球球団のマスコットキャラクターの活動のウラ側について話します。単刀直入にいうとマスコット活動は激務です。

可愛い着ぐるみを着ているから想像するのは難しいですがプロ野球選手と同じくらいすごい仕事をしています。マスコットキャラクターの役割は以下の通り

  • 試合でグランドパフォーマンス
  • 場外イベントでチーム、選手の魅力を宣伝
  • 観客にエンターテインメントを提供

もちろん主役はグランドでプレーする選手たちですが、マスコットの活動は試合で自慢のパフォーマンスを披露して観客を楽しませることです。そして、選手たちと交流することで、選手らを宣伝する宣伝隊長でもあります。

いわば、日々縁の下の力持ちながら大役をこなしています。

そんなマスコット活動が激務の理由は以下の通り

・シーズン中は週休1日
・6日連続でグランドでバク転やアクロバットを披露
・外野からベンチまで走る
・チアガールと応援ダンスも踊る(振り付けも覚える)
・試合中はほぼ着ぐるみを着てスタンバイ

あのゆるキャラのような見た目から到底想像できない活動量だと思いませんか?当然、試合の主役はプレーする選手たちです。マスコットキャラクターにスポットが当たることは悪目立ちをしない限りありません。

 2023年シーズンの8月に中日のドアラが体調不良で1週間休養したとのニュースが入りました。野球ファンの方もマスコットの激務を知るきっかけになった知らせでした。

【マスコット紹介】バファローブルの誕生と活動の裏側に迫る
マスコット活動のウラ側と激務の実態
出典;Yahoo!ニュース

上記のニュース記事の内容で活動のウラ側を簡単にまとめると以下の通り

  • マスコットには高度な身体能力が求められる
  • 日給は2万から5万ほど
  • 契約を結んでいると月収50万もの報酬がある
  • ホームランが出たらパフォーマンスがあるため試合中は脱がずに常に裏でスタンバイしている

着ぐるみを着た中身の人はプロのエンターテイナーとしてファンを楽しませるために体を張ってパフォーマンスを披露しています。

噂では引退した選手がそのまま球団職員となりマスコットとして再びグランドに立っているだとか!

まとめ

オリックスバッファローズのマスコット、ブルとベルについてご紹介しました。

今回の内容をまとめると

  • ブルとベルのデザインを手掛けたのはイラストレーターの幸池重季
  • ブルとベルは牛型ロボット
  • 12球団で最もファンサービスに全力
  • SNS総フォロワーは6万人越え
  • マスコット活動は実は激務

ブルとベルのことを知り、ぜひ一度はブルとベルに会いに行ってみてください!名前を呼べばきっとあなたの方を振り向いて手を振ってくれます。

今後のSNS活動をはじめ活動の活躍に注目です!

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP